山田です。

いつも購読有り難うございます。

さて今回は 私のトラッキングビジネスシステムで
購入後に頂いた質問をシェアします。

 

テーマはサイト作りについてです。

 

サイト作りのキーワードの考え方

まず、本ノウハウは、点と点を結び付ける事で
報酬を積み上げられますので ページ作り 文章などは、
非常にハードルが低い内容です。

つまり、自分が集めたい人と その人に、どういう情報(アフィリエイト商品)を
見せるのかを決めれば、後は広告を打って結び付けられるというものです。

 

そこで今回は、キーワードについてです。

Aという商品が妊婦向け商品だった場合。

これで話を進めます。

 

質問内容

キラーページでは、妊娠している方に「商品名」を紹介する。

リスト取りページに使うキーワード(スポンサードサーチ広告に使うキーワード)
「つわり」 「つわり 食べ物」

ページの内容は、つわりについての対処方法や、食べ物の偏りなどを調べて説明する。

2.
キラーページでは、引っ越し見積もりサイトを紹介する。

リスト取りページに使うキーワード(スポンサードサーチ広告に使うキーワード)
「転出届」 「住民票 変更」

ページの内容は、転出届の方法や、住民票変更の方法を説明する。

この流れは、どうでしょうか?

 

というものです。

非常に実践的な質問ですね。

 

1番に関しては、キラーページが妊婦向けのものなら
妊婦向けの他の商品ページでリターゲティングタグを埋め込む方が
レスポンスの良いリストが集まりますね。

あるいは、そのページをスポンサードサーチに出すというのも
商品名OKなら 同じ商品でも構いません。
そのページにタグを埋め込んでおけば一度アクセスした人を
追い続ける事が可能になります。

逆に商品名キーワードNGの商品であれば
関連商品で広告を打って誘導するというイメージが良いでしょう。

 

キーワードの大事なポイント

まず、キーワードにより レスポンスの度合いが変わります。

購入前の道のりですね。

商品名キーワード、サービス名キーワードは
やはり購入意欲のある方です。

商品名を調べる時は何かを買おうとしている人が大半を占めます。

今から買おうとか
その商品の販売サイトを探している
商品の比較の為に調べている。

などなど。

 

で、悩み系ワードの場合

「つわり」 「つわり 食べ物」などですが
この辺は、何かを購入する選択すらしていないので
購入まで距離のある人が多いのです。

ただ、この手のものの場合、
検索ワードを意識して アフィリ商品の販売ページを見て
選定すると良いと思います。

 

1.つまり商品名で検索する人と
2.つわりなど妊娠関連キーワードで悩んでいる人
両方が欲しいと思うものが理想です。

1に関しては、お得感やその商品より上回っているもの
というシンプル条件ですので、2を重要視して合わせる方が
良いという事になります。

資金に余裕がない場合は、より1を意識する人、
あるいはキーワードでも緊急性が高いキーワードを
取る事でより費用効果が高まります。

 

悩み系ワードなどは、本教材で紹介する、
お金をかけないで集める方法を参考にして
濃いキーワードで広告を打つという事が理想です。